タマホームのリフォームとは?評判も含めて解説!

タマホームは新築住宅だけではなく、リフォームも積極的に行っているのが特徴です。ポイントは、他社に比べて価格が比較的安いことと、自由な発想で行うことができるという点にあります。

一般的なリフォーム会社の多くは、大手の建材メーカーや様々な家具メーカー等と提携していることが多く、これらのメーカーの建材や家具を利用することが前提となる場合が少なくありません。そのため、リフォーム費用そのものは安価であっても、これらの建材や家具を利用することが前提となるため、結果的に総額が割高となるばかりでなく、自由に工事を行うことができない場合が多くなっていることがあります。

タマホームでは、このような建材メーカーや住宅メーカーの縛りがなく、自分が利用したいものを自由に利用できることから、安心して理想のリフォームをすることができるのが特徴となっています。また、様々な場所を個別に指定できるのも嬉しいポイントとなっています。トイレやバスルーム、キッチンなどの水回りをはじめ、リビングやダイニング、屋根や外壁部分まで、その目的に応じて自由に決めることができます。

一般的には、住宅の中のそれぞれの場所によって依頼するリフォーム会社が異なることも多いため、これらを総合的に行おうとすると様々な会社と契約しなければならないのですが、タマホームの場合にはこれらを全て一括して行うことができます。また工事を組み合わせることで、工事費用の総額を安くすることができるのも特徴となっています。

特に水回りについては、快適性を高めた浴室とトイレの工事が注目されており、しかもその金額が非常に安く工事期間も短いため、依頼した人にとって非常に良いものとなった事例がいくつもあります。その中のひとつを紹介しますと、元々の浴室がユニットバスで寒くて窮屈な場所だったのが、保温機能を持つユニットバスに交換し、さらに可能な限り広さを大きくすることが可能になりました。これだけの工事を行い、更にその期間が3日から4日というのも非常に短くで効率的であり、快適に過ごすことができる空間を短期間で実現しました。また、トイレのリフォームも壁紙とトイレ本体の交換で2日程度で完成しており、特に毎日利用する部分であることからも、この工期の短さはとてもありがたいものとなっています。

タマホームのリフォームは依頼する人にとっても様々な面で快適なものであり、評価が高いのが特徴となっています。また様々な目的に合わせ、最適な方法を選択することができるのも魅力となっています。

タマホームの保証について解説!

タマホームでは住宅に長い期間、安心して住むことができるように、様々な保証制度を用意しています。その期間は10年と長く、また内容もきめ細かく設定されているので、とても安心できるものとなっているのがタマホームの保証制度の特徴です。

代表的な保証制度といえるものに、地盤保証制度があります。タマホームでは住宅の建築に着工する前に地盤調査を実施し、建築に適しているかどうかを確認する作業が行われており、その結果強度が不足している場合には、基礎補強工事や地盤改良工事を行い適切な強度を確保しています。そのため、実際に住宅を建築した後、10年の間に万が一地盤沈下による建物の損害が発生した場合、これを補うための保険を大手損害保険会社と契約し、安全性を確保しています。

さらに住宅瑕疵担保責任保険も設定されています。これは建築した住宅に様々な欠陥が発生し、建築を行った側の責任に至ると判明した場合に、その修復費用等が保障される仕組みです。具体的には、国土交通大臣の指定による住宅の完成検査により、基本的な住宅の構造に関わる様々な部分の検査認定が行われ、これに合格することで10年間の保証が与えられるものとなっています。近年では、特に安い住宅の場合はこのようなトラブルで問題となることが多いのですが、タマホームの場合には引き渡し前に十分な検査を行い、その検査に合格した住宅だけが引き渡しされる仕組みとなっているため、安心して住むことができるのです。

また木造住宅の場合にはシロアリも多くの人が心配することのひとつですが、タマホームでは基礎パッキン工法により床下換気を行い、シロアリの発生を防ぐことができる乾燥した環境を実現しています。そのため、非常にシロアリの発生が少ない構造となっています。しかしそれでも万が一シロアリが発生した場合には、10年間のシロアリによる被害の補償を行う制度が適用されるので、安心して住むことができます。

近年では以前よりも、これらの保障制度を適用する住宅も多くなっていますが、実際にシロアリが発生すると住宅全体の様々なところに影響を及ぼすため、その保証制度だけでは十分に補償をすることができない場合も少なくありません。タマホームの住宅は十分な対策を行っているため、安心して住むことができるのが特徴です。また、このシロアリ保証制度は最長60年間の延長ができる電源保証制度も用意されており、これを適用することでさらに安心を長く保つことができるのもポイントとなっています。

耐震性の重要性と目安とは?

日本は古くから地震が多い国といわれており、近年では特に大きな地震が様々なところで発生しています。そのような背景から、これまでよりも住宅の耐震性が重要視されることが多くなってきました。そのため、新しく建築される住宅には建築基準法で設定される耐震基準を満たしていることが重要な要素となっており、多くのハウスメーカーが建築する住宅もこの基準を満たしているものが現在は一般的となっています。

建築基準法で指定される耐震性は、震度6強から7の地震で倒壊しないというのが条件となっており、またその損傷度合いも低いことが求められています。これを受けて、住宅の耐震基準では耐震等級が定められており、この数値が地震に対する適応性を示す基準となっているのが実態です。

耐震等級1は、建築基準法で設定される震度6強から7の地震で倒壊せず、また著しい損傷がないものと定められており、これは一般的な基準となっています。地域によってはこれを満たしていないと建築許可が下りないこともあるため、近年ではほとんどのハウスメーカーの住宅は最低でもこの耐震等級1に対応しているのが一般的です。さらに、耐震性を高めた耐震等級2や耐震等級3の住宅も登場しており、これらはそれぞれ耐震等級1の1.25倍の耐震性及び1.5倍の耐震性を持つものとなっています。

そして、この耐震等級を満たす事は、地震に対する適応性を満たすというだけではなく、さらに金銭的なメリットも生まれることを忘れてはなりません。耐震等級を満たした住宅を建てる場合には、住宅ローンの減税を受けることができます。住宅ローン減税は年末のローン残高の1%を所得税から控除するものであり、最長13年間この恩恵を受けることができるのです。そのため、耐震性の高い住宅を購入することは単に自身や家族に対しての安心を得ることができるという事だけでなく、住宅ローンの支払いの総額を減らす上でも非常に有利な方法となっています。

近年では特に大きな地震が様々なところで発生しており、また今後も発生する可能性が高いと言われていることから、この耐震等級を満たすことは住宅を建てる上で必要な条件であるといえるのです。また、このような住宅を建てることで住宅ローン減税を受けることができるのも重要なポイントです。耐震等級を満たすことは、結果的に様々な面で安心できることになります。基本的に住宅ローン減税は耐震等級1を満たせば適用されるものとなっているため、これを目安に住宅を選ぶのが良いと言えます。

タマホームの実績解説!

タマホームの住宅は基本的なコンセプトを持ちながら、様々な使い方ができる構造を実現することができるのが特徴です。
一人ひとりが自分の思い入れを十分に形にすることができる住宅を提供しており、その施工の事例は様々なバリエーションを持っています。

例えば、若くして結婚した夫婦の場合には、家族のことを考え、マンションよりも自由に子どもたちが快適に過ごすことができる空間を持ちたいとタマホームを選び、、その願いを十分に叶えることができました。

真っ白な清潔感のある家をイメージしており、完成したのが日当たりの良い南向きのリビングです。さらに部屋の壁や天井を白に統一したため、非常に居心地の良い空間となりました。また、その空間の中には作り付けの収納設備も備わっており、子どもがおもちゃで遊んだ後も収納にさっと片付けることができ、自然ときれいな空間を維持することができるようになっています。収納を利用することで片付ける場所が明確となり、子ども自身も片付けることが楽しいと思えることで率先して片付けるようになるため、環境的にも非常に望ましいものとなっているのが実態です。

また、一般的にはこのような住宅はリビングとダイニングキッチンを明確に分けるか、もしくは開放的な空間にするのかを判断しなければならないのですが、スムーズに移動できる中間壁を設け、テレビボードを設置することにしました。こうすることでダイニングキッチンとリビングの移動がスムーズにできるほか、間仕切りの役割も果たすため非常に快適な空間となります。

最近ではリビングからキッチンの様子が見える開放的な空間が好まれますが、逆にこのような場合にはキッチンの散乱しがちな様々な用具の収納が難しくなるのが難点です。この住宅では中間壁を効果的に利用し、その開放感と収納性の高さを両立しています。

このような施工事例から分かる通り、様々なアイディアを自由に取り入れることができるのがタマホームの魅力となっており、住む人にとって快適な住宅を実現することができるのが特徴です。

別の事例では、非常に特殊な設備である暖炉を設け、家の中全体を効果的に温めることができる構造となっているものもあります。この場合、特に2階の寝室を効果的に温めることができ、リビングの暖房を確保することができるとともに、眠る頃には寝室が効果的に温まっているという相乗効果を生み出すことができるのです。

このように、住む人によって様々なアイディアをふんだんに盛り込むことができるのが特徴の一つであるということが、成功事例からもわかります。

タマホームの強み・弱みとは?

木製の家のミニチュアを持つ手

タマホームは住宅メーカーの中では販売価格が安いというイメージがあり、また様々な基本となる商品のラインナップがしっかりしているので、安心して購入することができるのが大きな強みです。
それぞれの商品のコンセプトが明確であり、実際に家を購入する側にとっても選びやすくなっているので、一般的な注文住宅に比べて完成イメージが掴みやすく、自分好みの住宅を建てることができるという印象が強いのもこの会社の強みとなっています。

日本の住宅は、古くから分譲住宅のような一般的な基本構造が決まっており、与えられた条件の中で選ぶことが多いというのが実態でした。そのため、自分のオリジナルの間取りにしようとする場合にはその条件から逸脱してしまうため、極端に高額となる場合が少なくありません。
これまでの注文住宅はそのような要素があるため、高額になる事はやむを得ないと考えている人が多かったのですが、タマホームはその常識を打ち破り標準的な様々な商品を基本としながら、住む人が自由に自分の好みに合わせて組み変えることができるといった新しい発想を提供しています。
そのため、ローコスト住宅といわれながらもお仕着せ感がなく、自分好みの住宅を建てることができるというのが多くの顧客に受け入れられ、この会社の強みとなっているのです。

ただし、住宅建築を検討中の人の中には高額なものほど良い住宅を建てることができると考えている人も多いです。また、大手有名ハウスメーカーに見積もりを依頼したけれど、思っていたよりも高額となったためにタマホームに相談をすることにしたという人も少なくありません。
このような人にとっては、価格が安いからタマホームで妥協するといったイメージを持つこともあるため、ある意味では価格が安いというのが弱みになっている部分もあります。また、100%自由な発想で注文住宅を建てたいという人にとっては、タマホームの場合、基本的なそれぞれの商品のコンセプトを持ちながらオプションという形で追加する方法であるため、その自由度が限られてしまうということも一部の顧客にとっては弱みとなってしまうのです。

しかし、基本的な構造がしっかりしていることや、安心して住むことができる長期優良住宅対応となっていることなどが大きな強みとなり、多くの人にタマホームで購入して良かったという評価を得られていることは、最大のポイントです。選ぶ人によってその強みと弱みは大きく異なるものですが、総合的には強みが多い会社といえます。

タマホーム坪単価や評判はどう?

札束の上にある家のミニチュア

タマホームは住宅メーカーの中ではローコスト住宅に分類され、その坪単価は比較的安いといわれることが多いです。実際に、平均的な坪単価は43.9万円から73.8万円となっており、一般的な大手ハウスメーカーの坪単価が平均70万円といわれているのに比べると、低価格であるといえます。

しかし、金額が安くても基本的な住宅の構造が備わっていなければ、それを補うために様々なコストが発生することになり、実質的に坪単価が上昇してしまうことも少なくありません。実際に、金額がタマホームよりも安いハウスメーカーは数多く存在していますが、これらのハウスメーカーが建築する住宅の場合、あくまでも基本的な構造のみで様々なオプションが必要となるため、加算していくと最終的には大手のハウスメーカー並みとなってしまうことも多いのです。そのため、単純に坪単価が安いからといって住宅を安く建てることができると考えるのは早計で、これらを全て含めた金額で比較することが必要となります。

タマホームの場合には、様々な基本機能が多くの商品の中に備わっており、これに自分の好みに応じて一部のオプションを追加するだけで快適な住宅を建築することができるのが特徴となっています。そのため、最終的な金額はそれほど高額なものとはならず、建築した住宅の総額で比較した場合でも、大手ハウスメーカーに比べ割高となっているのがポイントです。
一般の住宅がオプションを加えると極端に高額になるケースが多いのに比べ、これらの費用を安く抑えることができるのがタマホームのメリットといえます。

タマホームには様々な商品が用意されており、それぞれに独自の特長を持っています。この特長を活かすことで、より安く住宅を建てることができるのも特徴です。
特にほとんどの商品が長期優良住宅に適合しており、基本構造だけでも長く安心して住むことができるのに加え、さらに快適性を求めるために様々なオプションが用意されていることから、総合的な費用を安くすることができるのがポイントとなっています。

タマホームはローコスト住宅といわれる価格帯ではありますが、その品質や住み心地は多くの購入者から高く評価されており、また様々な面で安心して住むことができると評判も高いのが特徴です。
商品の種類が豊富に用意されているほか、それぞれの地域の環境によって最適な構造を提供している点も評判の高さの理由となっており、単に坪単価が安いだけではなく、納得して購入することができる要素が数多く存在しています。

タマホームの商品はどんなのがある?

赤い屋根のミニチュアの家

タマホームの住宅商品には様々なタイプのものがありますが、それぞれの特性を活かしながら細かく地域の環境にも適応している点が特徴です。実際に家を建てる場合には、様々な面から安心して任せることができるのも、人気の秘密となっているのです。

タマホームの中で最も人気が高いのは大安心の家という住宅です。無駄なコストを抑えながら高い住宅品質を維持しているという点が特徴です。基本的な住宅の品質を維持するために、長期優良住宅に標準仕様で対応していることはもとより、住む人の目線に立った様々な最新のシステムを導入しているので、安心して住むことができる家となっています。さらにバリエーションも豊富であり、屋根材や外壁材、玄関ドアの種類などが豊富にあり、様々な種類の中から選び、自由に組み合わせることができるため、まるで注文住宅のような自由な発想で家を作ることができるのがポイントです。

次に木麗な家という人気の住宅もあります。木麗な家は、タマホームのメリットを十分に取り込みながら、より住宅を建てやすくするために低価格にこだわった商品となっています。こちらも長期優良住宅対応となっており、木造住宅の温かみを活かすため、日本古来に伝わる様々な工法を用いて堅牢な家を実現しているのが特徴です。特に限られたスペースを有効に活用したい場合や、狭小住宅などで間取りを効率的に取りたいという場合にも最適な住宅となっており、自由に効率的な発想で家を建てることができます。

最後にGALLERIARTという住宅もあります。このGALLERIARTは、開放的でゆとりのある生活を送りたい人のために設計された、平屋が特徴となっている住宅です。近年では、広い空間が確保できて、階段の上がり下がりがないことから高齢者にも負担が少ないという理由で平屋が見直されていますが、GALLERIARTはその条件を十分に満たすとともに、趣味などで自由に使える空間を確保できるのもポイントとなっています。家の中にガレージを構え、スムーズに移動することができたり、趣味の部屋を持てたりすることは生活を豊かにしてくれますが、このような住宅を建てることは容易ではありません。そんな中、GALLERIARTは快適な家族だけの空間を実現できるものとなっており、さらに長期優良住宅対応となっているなど、安心も加えられています。

タマホームの住宅はそれぞれの特徴を持ちながら、住む人が安心して長く暮らすことができるのが特徴となっています。